呉市立美術館
ミロ展 −版画と色のおもちゃ箱−|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > ミロ展 −版画と色のおもちゃ箱−

特別展

ミロ展 −版画と色のおもちゃ箱−

会期平成24(2012)年4月21日(土) 〜5月27日(日)
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日月曜日休館(ただし4/30は開館,5/1は休館)
会場呉市立美術館(呉市幸町 入船山公園内)
入館料一般800円(前売・団体600円) 高大生300円(団体200円) 小中生150円 ペア割1,300円 敬老割500円
※団体は20名以上,敬老割は呉市在住の70歳以上(要証明書)
主催呉市立美術館/呉市文化振興財団/中国新聞社
後援スペイン大使館 Embajada de Espana/呉市PTA連合会/呉市保育連盟/呉市私立幼稚園協会/NHK広島放送局/中国放送/広島テレビ/広島ホームテレビ/テレビ新広島/広島エフエム放送
企画協力谷口事務所
 20世紀を代表する芸術家,ジョアン・ミロ(1893-1983)は,ピカソ,ダリと並ぶスペインの巨匠です。バルセロナに生まれたミロは,ピカソらと交友を結び,フォーブ,ダダなどの新しい芸術に影響を受けてシュールレアリスト運動に参加します。故郷カタルーニャの自然と大地を愛し,太陽,月,星,鳥などをモチーフとして,それらを大胆に抽象化しながらも,素朴で喜びに満ちた,鮮やかな色と形の詩的世界を作り出しました。
 ミロは油彩画のほか,版画,彫刻,陶器,タペストリー,舞台装飾など様々なジャンルを制作しましたが,ライフワークともなった版画は35歳になって初めて手掛け,以後生涯を通じて精力的に取り組みました。その技法は多岐にわたり,複数の版画技法を組み合わせるなど,それまでにない新たな創造を目指し,2500点を超える作品を残しています。
 この展覧会では,ミロ第1作目の作品『一羽の小さなカササギがいた』を含む初期から晩年までの版画145点を一堂に展示し,その豊かな創造性を紹介します。
 

関連イベント

.潺蹐膨戦!子ども絵画作品展

呉市内の保育所(園)に通う子どもたちが描いた作品を、会期中美術館に展示します。※会期中随時開催

▲潺蹐未蠅

ミロのようなすてきな作品に仕上げよう。
4月21日(土)〜5月27日(日)  ※会期中随時開催

4嫋泪錙璽ショップ 「ミロを見てミロ、やってミロ!」

日時:4月28日(土) 13時30分〜
講師:当館学芸員
定員:15人  ※要申込

ぅャラリートーク

日時:4月29日(日)、5月13日(日)  各14時〜
講師:担当学芸員

ゥ潺紂璽献▲燹Ε灰鵐機璽

日時:4月30日(月・休) 11時〜、14時〜
踊り:大江貴世子ほか

Ε好撻ぅ鵑粒本会

日時:5月5日(土・祝)、20日(日)  各11時〜、14時〜
講師:朗読研究会 つばき

Э道劵錙璽ショップ 「色と形であそんでみよう」

日時:5月6日(日)  13時30分〜
講師:久保田貴美子(造形作家・比治山大学短期大学部幼児教育科准教授) 
材料費:100円
定員:20人 ※要申込