呉市立美術館
浮世絵蒐集家として知られる中右瑛氏のコレクションから,女の色香を巧みに描いた喜多川歌麿・歌川国貞・歌川豊国・渓斎英泉,可憐な女性を題材とした鈴木春信,清朗な女性を得意とした鳥居清長らの作品120点(肉筆画を含む)を一堂に展示します。|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 浮世絵美人画展 女の装い江戸の華

特別展

浮世絵美人画展 女の装い江戸の華

 浮世絵は,江戸庶民の生活風俗などを版画を中心にして,美人画・役者絵などさまざまなテーマで表現してきました。なかでも「美人画」は,浮世絵の主流であり,喜多川歌麿をはじめ多くの絵師たちが,それぞれの時代を反映した女性のスタイルを題材にした作品を残しています。絵師たちが腕を競った「美人画」というジャンルは,単に女性の肖像画としてだけでなく,その時代の先端をゆく女性達のおしゃれや流行などの情報が詰まった江戸時代のファッション画でもありました。
 この展覧会では,浮世絵蒐集家として知られる中右瑛氏のコレクションから,女の色香を巧みに描いた喜多川歌麿・歌川国貞・歌川豊国・渓斎英泉,可憐な女性を題材とした鈴木春信,清朗な女性を得意とした鳥居清長らの作品120点(肉筆画を含む)を一堂に展示します。
 絵師たちが追い求めた理想の女性像と江戸時代の粋な風俗をお楽しみください。
 
画像上
 •渓斎英泉「浮世風俗美女競」(部分)
 •歌川豊国「金魚玉を持つ女」(切り抜き)
画像下(上段)
 •歌川国貞「神無月はつ雪のそうか」
下段左から
 •菊川英山「風流名所雪月花・雪」
 •歌川国貞「当世三十二相・しまひができ相」
 •鈴木春信「笠森お仙」
開館時間10時〜17時 (入館は16時30分まで)
休館日月曜日 (ただし5/3は開館)
入場料一般800円(前売・団体600円) 学生300円(団体200円) 小・中・高校生150円
※団体は20人以上
前売券取扱所電子チケット
★ぴあPコード:764−030
(福屋広島駅前店7階,デオデオ本店地下1階,天満屋広島八丁堀店7階,広島パルコ本館1階,アルパーク天満屋西棟3階,ファミリーマート,サンクス広島)
★ローソンチケットLコード:67622
ひろしま夢ぷらざ,広島・呉の主な画材店,呉市文化ホール,呉市内公民館など
主催呉市立美術館・呉市文化振興財団・中国新聞社
後援NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送
監修中右瑛(国際浮世絵学会常務理事)
企画協力ステップ・イースト

関連イベント

(1)コレクター・中右瑛氏によるギャラリートーク

日時:4月24日(土) 開会式終了後

(2)担当学芸員によるギャラリートーク

日時:5月2日(日),16日(日) 各14:00〜

(3)ミュージアムコンサート「ライアーの調べ」

演奏:松原里香氏
日時:5月9日(日)(1)11:00〜,(2)13:30〜

(4)体験ワークショップ「浮世絵 de ぬり絵」

日時:4月24日(土)〜5月30日(日)
※会期中随時開催

(5)創作ワークショップ「楽しい浮世絵版画作り」

日時:5月8日(土) 13:30〜15:30
講師:中塩満氏(造形作家)
定員:10人
対象:高校,一般
材料費:300円

(6)鑑賞ワークショップ「浮世絵美人の着物デザイン」

日時:5月15日(土) 13:30〜15:30
定員:10人
対象:小学生以上(幼児は保護者同伴のこと)
 
申込方法は,教育普及のページをご覧ください((1)〜(4)は申込不要)

※関連イベントに参加される方は,展覧会の入場券が必要です。