呉市立美術館
モントリオール美術館所蔵 クレマンソー・コレクション 香合の美 香合は,お香を入れておく蓋付の容器のことをいいます。茶道具として用いられてきたこれら小さな器は,形状や意匠に趣向を凝らし,道具としての用を超え,茶人のみならず多くの人びとの目を楽しませてきました。クレマンソー・コレクションから,桃山時代の織部,志野をはじめ江戸時代末期の楽焼,京焼,染付などの香合約570点を厳選し紹介します。|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 香合の美

特別展

モントリオール美術館所蔵 クレマンソー・コレクション 香合の美

 香合は,お香を入れておく蓋付の容器のことをいいます。茶道具として用いられてきたこれら小さな器は,形状や意匠に趣向を凝らし,道具としての用を超え,茶人のみならず多くの人びとの目を楽しませてきました。
 1976年,カナダの最も古い美術館であるモントリオール美術館の収蔵庫で,3000点におよぶ香合が発見されました。それらは,日本の香合に魅了されたフランスの元首相ジョルジュ・クレマンソー(1841〜1929)が19世紀末に収集したもので,長い間所在がわからなかったものでした。クレマンソーの死後,フランスから海を渡りカナダの美術館に収蔵されたコレクションは,約半世紀後にその全貌が明らかになりました。
 この展覧会では,そのクレマンソー・コレクションから,桃山時代の織部,志野をはじめ江戸時代末期の楽焼,京焼,染付などの香合約570点を厳選し紹介します。
 小さな香合に凝縮された日本の美をお楽しみください。
期間2004年10月2日(土)〜11月7日(日)《会期中は無休》
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
入場料一般 800円(600円),学生 300円, 小・中・高校生150円
*()内は前売り,20人以上の団体料金
前売券取扱所電子チケットぴあPコード:685−468(福屋広島駅前店9階,デオデオ本店地下1階,天満屋広島八丁堀店7階,広島パルコ本館1階,広島段原サティ1階MYCAL21,アルパーク天満屋西棟3階,ファミリーマート,セブンイレブン,サンクス広島),ひろしま夢ぷらざ,広島・呉の主な画材店,呉駅観光案内所,呉市文化ホール,呉市内公民館など
主催呉市立美術館・呉市文化振興財団・中国新聞社
後援カナダ大使館・NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送
協力全日空
企画協力谷口事務所

「香合の美」関連プログラム

講演会(終了しました)

  日時:10月13日(水) 14:00〜
  場所:呉市立美術館 地階講座室
  講師:上田宗箇流十六代家元 上田宗嗣
  演題:「茶の湯と香合の美」
申込方法
  往復はがきに住所・氏名・電話番号を記入して美術館までお送り下さい。
  はがき1枚につき1名,10月4日(月)消印有効。申込多数の場合抽選。
※講演会を聴講される方は,展覧会の入場券が必要です。

香合のひみつ(終了しました)

 日 時:10/16(土) (1)10:30〜 (2)14:00〜
 対 象:(1)小学生 (2)小学校高学年〜中学生
 参加費:無料(ただし,展覧会の入場券が必要)
 事前申込が必要です。