呉市立美術館
ピノッキオ 〜その誕生から現代まで〜 「ピノッキオ」はイタリア生まれの童話として,いまでは世界中の子どもたちに愛され親しまれています。この展覧会を通じて,文学・美術・社会などさまざまな角度から「ピノッキオ」を再発見できるかもしれません。|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > ピノッキオ 〜その誕生から現代まで〜

特別展

ピノッキオ 〜その誕生から現代まで〜

 「ピノッキオ」はイタリア生まれの童話として,いまでは世界中の子どもたちに愛され親しまれています。
 いたずら者の木の人形・ピノッキオが,悪の道に引きずりこまれそうになりながらも,ジェッペットじいさんの愛により,人間の心に目覚めるというおなじみのストーリーです。わが国では大正時代以降,日本語に翻訳され,今日まで数多くの出版物等を通じて連綿と読み継がれ,語り継がれてきました。
 この展覧会では,世界で初公開となる初版本の挿絵原画をはじめ,「ピノッキオ」の発表された当時の子ども新聞,童話誕生の背景となった19世紀後半のイタリアの子どもたちや社会生活を描いた油彩画を紹介します。また,イタリア現代美術の第一人者ミンモ・パラディーノが本展によせて特別に制作した挿絵30点など,合計約150点を展示します。
 この展覧会を通じて,文学・美術・社会などさまざまな角度から「ピノッキオ」を再発見できるかもしれません。
期間2004年5月15日(土)〜6月27日(日)《会期中は無休》
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
入場料一般 1,000円(800円),学生 400円, 小・中・高校生150円
*()内は前売り,20人以上の団体料金
前売券取扱所電子チケットぴあPコード:685−163(福屋広島駅前店9階,デオデオ本店地下1階,天満屋広島八丁堀店7階,広島パルコ本館1階,広島段原サティ1階 MYCAL21,アルパーク天満屋西棟3階,ファミリーマート,セブンイレブン,サンクス広島),ひろしま夢ぷらざ,広島・呉の主な画材店,呉駅観光案内所,呉市文化ホール,呉市内公民館など
主催呉市立美術館・呉市文化振興財団・イタリア文化省フィレンツェ地区美術館特別監督局・読売新聞大阪本社
後援イタリア大使館・イタリア政府観光局(E.N.I.T)・国立カルロ・コッローディ財団、NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送
協賛花王株式会社
協力日本航空
企画協力R&Fインターナショナル

関連イベント

ピノッキオの世界へ

日 時:5/29(土) (1)10:30〜 (2)14:00〜
対 象:(1)小学生 (2)中学生
参加費:無料(ただし,展覧会の入場券が必要)
事前申込が必要です。

ぼくの・わたしのピノッキオ

日 時:6/5(土) 13:00〜
対 象:小学生〜中学生
講 師:中塩満氏
参加費:300円(ほかに,展覧会の入場券が必要)
事前申込が必要です。

愛音の会によるミュージアムコンサート

5月22日(土) 2本のクラリネットコンサート
6月12日(土) ボーカル・ピアノデュオ
時間はいずれも13:30〜14:00,15:30〜16:00の2回
※コンサートを聴かれる方は,展覧会の入場券が必要です。