呉市立美術館
美の系譜−日本画の精華−明治時代から現代にいたる近代日本画の歩みを、富士美術館の日本画コレクションの中から、橋本雅邦、横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、鏑木清方、上村松園、加山又造ら、東西の巨匠たちの作品約50点によって紹介しました。|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 美の系譜−日本画の精華−

特別展

呉市制100周年・呉市教育委員会発足50周年・開館20周年記念

美の系譜 −日本画の精華−

 近代の日本画は、江戸時代から受け継がれてきた土佐派や狩野派など、わが国の伝統的な絵画技法に、明治になって新たに移入された西洋絵画の技法や理念を採り入れながら、大きな変容を遂げてきました。
 この展覧会では、明治時代から現代にいたる近代日本画の歩みを、富士美術館の日本画コレクションの中から、橋本雅邦、横山大観、竹内栖鳳、川合玉堂、鏑木清方、上村松園、加山又造ら、東西の巨匠たちの作品約50点によって紹介しました。
期間2002年4月19日(金)〜5月26日(日)
月曜は休館 (ただし、4月29日・5月6日は開館4月30日・5月7日は休館)
開館時間10時〜19時(入館は18時30分まで)
※上記会期中のみ開館時間延長
主催呉市立美術館・呉市文化振興財団・中国新聞社
後援NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送
協力富士美術館