呉市立美術館
近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > コレクション展 > 開館40周年記念 呉市立美術館の開館と呉家寄贈作品

コレクション展
開館40周年
呉市立美術館の開館と呉家寄贈作品

2022年4月29日(金・祝)〜6月19日(日)

 呉市立美術館は、呉市制80周年を記念し、1982(昭和57)年8月21日に開館しました。今年で開館40周年を迎えます。
 当時、美術を専門とする文化施設がなかった呉市では、当館の建設は画期的な出来事であり、多くの市民の熱意とご協力によって実現しました。コレクションについても地道な収集活動を続けてきた結果、現在では1,000点を超え、郷土ゆかりの美術作品をはじめ、近現代の多彩な美術の諸相を紹介するものとなりましたが、その出発点は初年度に購入した59点から始まります。
 本展では、開館40周年を記念し、初年度に収蔵した作品の中から、当館で最初に購入したアレキサンダー・カルダー(1898-1976)のモビール(動く彫刻)をはじめ、奥田元宋(1912-2003)の日本画、小磯良平(1903-88)の油彩画や素描、朝井清(1901-68)の版画など、多彩なジャンルの作品をご紹介します。また、開館前に呉市に寄贈され、美術館建設の機運を高めるきっかけとなった呉家(呉文炳・くれふみあき・呉市名誉市民)の古美術などを展示し、当館のコレクションの原典をふり返ります。

会期2022(令和4)年4月29日(金・祝)〜2022(令和4)年6月19日(日)
開館時間午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日火曜日(ただし5/3は開館、5/6は休館)
入館料一般300円(240円)・高校生180円(140円)・小中生120円( 90円)
※( )内は20名以上の団体料金。広島中央地域連携中枢都市圏(呉市、竹原市、東広島市、江田島市、海田町、熊野町、坂町、大崎上島町)に在住の高校生以下、呉市在住の70歳以上の方、はたちのパスポート、障害者手帳等をお持ちの方は無料(要証明書)。くれフレンドリー(友の会)会員証をお持ちの方は団体料金。

関連イベント
※申込不要。参加には入館券が必要です。

館長講座「コレクションあれこれ」

日時:5月14日(土)13:30〜15:00
講師:呉市立美術館館長 横山勝彦
定員:30名
会場:地階講座室

ギャラリートーク

学芸員による作品解説

担当学芸員が展覧会の見所を解説します。
日時:5月8日(日)、5月22日(日)、6月5日(日)  各日11:00〜(約30分)
会場:展示室内

関連イベントにご参加されるお客様へ
※ ご参加の際はマスクを着用してください。発熱など体調不良の際は参加をお控え願います。
※ 開催内容に変更が生じる場合があります。最新情報は当館HPまたはTwitterでご確認ください。

※新型コロナウィルス感染状況によっては、臨時休館となる場合があります。最新情報は当館ウェブサイトやTwitter(@kure_bi)等でご確認ください。