呉市立美術館
彫刻の森美術館コレクションによる ピカソ展 20世紀を代表する芸術家として名高いパブロ・ピカソ(1881−1973)は,子どもの頃から天才と呼ばれ,卓抜したその才能は芸術家そのものであったと言われています。ピカソは,「青の時代」から「薔薇色の時代」「キュビスムの時代」「新古典主義の時代」へと,さまざまな様式変化を経ながら,世界の美術界に大きな影響を与えてきました。そのピカソが晩年に至って見せた版画や陶芸作品は,童心に返ったような天真爛漫の雰囲気にあふれています。この展覧会では、箱根・彫刻の森美術館のコレクションから「ピカソの晩年」に焦点を当て、南仏・ヴァロリスで制作した陶芸作品を中心に、油彩、版画、タペストリー(壁掛け)などを紹介します。 自由な発想で制作したピカソの遊び心あふれる世界をお楽しみください。|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 彫刻の森美術館コレクションによる ピカソ展

特別展

彫刻の森美術館コレクションによる ピカソ展

 20世紀を代表する芸術家として名高いパブロ・ピカソ(1881−1973)は,子どもの頃から天才と呼ばれ,卓抜したその才能は芸術家そのものであったと言われています。ピカソは,「青の時代」から「薔薇色の時代」「キュビスムの時代」「新古典主義の時代」へと,さまざまな様式変化を経ながら,世界の美術界に大きな影響を与えてきました。そのピカソが晩年に至って見せた版画や陶芸作品は,童心に返ったような天真爛漫の雰囲気にあふれています。
 この展覧会では、箱根・彫刻の森美術館のコレクションから「ピカソの晩年」に焦点を当て、南仏・ヴァロリスで制作した陶芸作品を中心に、油彩、版画、タペストリー(壁掛け)などを紹介します。
 自由な発想で制作したピカソの遊び心あふれる世界をお楽しみください。
期間2008年4月19日(土)〜6月1日(日)《会期中は無休》
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
入場料一般1200円(1100円),学生500円,小・中・高校生300円
*()内は前売り,20人以上の団体料金
前売券取扱所電子チケット
★ぴあPコード:688−029
(福屋広島駅前店7階,デオデオ本店地下1階,天満屋広島八丁堀店7階,広島パルコ本館1階,アルパーク天満屋西棟3階,ファミリーマート,サンクス広島)
★ローソンチケットLコード:67528
ひろしま夢ぷらざ,広島・呉の主な画材店,呉市文化ホール,呉市内公民館など
主催呉市立美術館・呉市文化振興財団・中国新聞社
後援NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ・広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送

関連イベント

(1)ギャラリートーク

日時: 4月25日(金),5月9日(金),23日(金)  各14:00〜
申込: 不要,1階展示室にお集まりください。

(2)ワークショップ

「2000年後の壁画を作ろう☆ピカソに挑戦!」
日時:4月20日(日) 13:00〜
対象:小学生
定員:16人
場所:呉市立美術館 地階講座室
講師:柴川敏之氏(美術作家・福山市立女子短期大学准教授)
参加費:300円
申込:教育普及のページをご覧ください

(3)子どものための鑑賞教室

日時:5月10日(土) (1)10:30〜 (2)14:00〜
対象:(1)小学生 (2)小・中学生
定員:各回とも10名
場所:呉市立美術館 地階講座室
参加費:100円
申込:教育普及のページをご覧ください
 
※´↓に参加される方は,展覧会の入場券が必要です。