呉市立美術館
平成28年度 呉市立美術館コレクション展2 「プリント―版画と写真―」 平成28年5月27日(金)〜7月10日(日)|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > コレクション展 > プリント―版画と写真―

平成28年度 第2期 コレクション展

プリント―版画と写真―

平成28年5月27日(金)〜7月10日(日)

                                                                            

コレクション展兇任蓮▲廛螢鵐箸箸い手法に焦点をあて、所蔵作品の中から版画と写真をご紹介します。
プリントは版を写すという意味を持っています。版画や布の文様、また写真のようにネガ現像を焼き付ける事などを指し、版があれば同じ作品を多く作る事が出来ます。古くから出版物の挿絵や図版は版画で制作されていましたが、19世紀後半に写真のプリント技術が普及し、版による造形表現に写真も大きな位置を占めてきました。
 本展では、呉市出身の南薫造、朝井清、水船六洲、また彼らとゆかりのある棟方志功、馬渕聖、永瀬義郎たちの大正期から平成までの木版画、銅版画、リノカット版画の作品を展示します。
 写真では叙情的な写真で知られる緑川洋一が、戦後撮影した《呉海軍工廠被爆》と《巨大タンカー誕生》シリーズを30点すべて展示します。また、写真家木村伊兵衛と林忠彦、奈良原一高、竹内敏信、雜賀雄二、杉本博司、迫幸一が撮影した海の恵み、海と共に生きる人々の生活と情景をテーマにした作品を紹介します。この機会にぜひご覧ください。

出品作品の中から作家や作品について紹介します。

御礼のごあいさつ

7/10(日)にコレクション展供屮廛螢鵐 版画と写真」を終了しました。
まとまった写真展示は久しぶりということもあり、多くの反響をいただきました。
また今回もアンケートにご協力いただきありがとうございました。これからの美術館運営に生かさせていただきます。
7/23(土)から特別展「マンガとアニメで見る こうの史代 この世界の片隅に」展が始まります。
マンガからは全原画を一堂に展示、アニメからは映画の名シーンを美しく彩るコンテンツを多数紹介します。
皆さまのご来館をおまちしております。