呉市立美術館
平成30年度 呉市立美術館コレクション展機崋然を描く」 平成30年6月1日(金)〜7月16日(月・祝)|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター

平成30年度 第1期 コレクション展

自然を描く

平成30年6月1日(金)〜7月16日(月・祝)

                                                                            

 古今東西の画家たちは、海辺や山河を主題にした風景から身の回りの草花まで、あらゆる自然の姿を画題として取り上げてきました。彼らは人の手が加わらない自然界の造形と色彩に魅せられ、そこに宿る美しさや生命力を画面に定着させようと、さまざまな画材屋技法を使って制作を試みました。
 本展では、画家の眼差しが捉えた自然の諸相を、日本画、油彩画、水彩画、素描など、幅広いジャンルの中からご紹介します。四季折々に移り変わる季節とともに、さまざまな表情を見せる自然の姿からは、対象を見つめる画家の心情や独自の自然観を感じ取ることができるでしょう。
 現在、私たちが生きる社会は、森林伐採や大気汚染などに代表される環境問題によって、地球規模の危機に直面しています。画家たちが賛美した自然の姿は、急速な社会の変化とともに失われつつある存在となりました。自然に心を寄せ、対象と真摯に向き合いながら制作された作品は、自然と人との関わり方を改めて気づかせてくれます。美術を通して、かけがえのない自然の美しさを感じていただく機会となれば幸いです。

出展作家:奥田元宋、南薫造、小林和作、小寺健吉、中村琢二、三上巴峡 ほか

関連イベント

いずれも申込不要・参加費無料です。
ただし、展覧会の入館料が必要です。

■担当学芸員によるギャラリートーク

日時:6月17日(日)、7月1日(日)各日11時〜(約30分)

■アートオリエンテーリング

会期中に小学生を対象にしたクイズ形式のワークシートを受付で配布します。
ご家族で楽しく鑑賞してみませんか。