呉市立美術館
平成31年度 呉市立美術館コレクション展供崙本画の魅力」 8月31日(土)〜9月29日(日) | 近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > コレクション展 > 日本画の魅力

コレクション展供崙本画の魅力」

2019年8月31日(土)〜9月29日(日)

                                                                            

 日本画は、描画材料として、膠(にかわ、動物の骨や川から抽出した蛋白質)で溶いた岩絵具(鉱物を砕いた顔料)や、墨を主に用いる画法で、千数百年前に中国から伝えられました。中国絵画に学びながら、日本の風土、歴史、文化の中で、狩野派(漢画系)、土佐派(大和絵系)、円山・四条派(写生派)などの諸流派が形成され、表現力豊かな運筆や、陰影を昇華した清澄な色彩により、写意(外面の写実でなく本質の表現)を重んじる、精神性と装飾性に富む絵画世界が創出されました。
 ところで、「日本画」という言葉は、西洋絵画に対置する呼称として、明治以後に在来絵画の諸流派を統合して用いられるようになったものです。以来、新たな近代絵画としての道を歩み始めることになった日本画は、その伝統と特有の画材・技法に立脚しつつ、西洋の画法や美術思潮を取り入れながら、独自の表現が追求され、時代に即して変容と発展を遂げてきました。
 本展では、池田栄廣、奥田元宋、工藤甲人、児玉希望、後藤純男、小松均、谷口仙花、手島呉東、平山郁夫、船田玉樹、益井三重子、水谷愛子、森田曠平、山中雪人ほかによる、新収蔵作品を含む館蔵品40点余りにより、多彩な展開を遂げた近代日本画の魅力をお楽しみいただきます。
 あわせて、こうの史代『この世界の片隅に』マンガ原画から「第15回 19年9月」「第17回 19年10月」を併設展示いたします。

関連イベント

.錙璽ショップ「日本画を体験」
※要事前申込

日本画は千数百年の間、伝統的な素材や技法を今日までほぼ変わらず受け継いで描かれてきました。しかし今日、油絵などに比べて日本画を描く機会に接することは少ないのではないでしょうか。
このワークショップでは、日本画で使われる岩絵の具を膠の溶液で混ぜ合わせるところから、本格的な日本画の画材・技法により、展示作品を手本に模写を行います。
この機会を逃さず、日本画を体験してみませんか?
講師には、新進の若手作家をお迎えしています。

大庭孝文 講師
浅埜水貴 講師
講師:大庭孝文(広島市立大学非常勤助教、創画会会友)
   浅埜水貴(広島市立大学実習補助員、日本美術院院友)
日時:9月16日(月・祝)13:00〜16:00
定員:20名
参加費:1,000円
対象:高校生以上
会場:当館地下講座室
申込方法:下記の申込専用フォームまたはお電話(0823-25-2007)で8月31日(土)までにお申込みください。申込多数の場合は抽選。

申込フォームはこちら

館長講座「直伝、日本画の楽しみ方」
※申込不要

当館館長が、日本画の一歩踏み込んだ楽しみ方を直伝します。

講師:横山勝彦(呉市立美術館館長)
日時:9月1日(日)13:30〜15:00
会場:当館地下講座室
定員:50名(先着順)

C甘学芸員によるギャラリートーク
※申込不要

日時:9月7日(土)、9月21日(土)各日14:00〜(各回40分程度)

※参加には展覧会のチケットが必要です。