呉市立美術館
特別展 呉市立美術館のあゆみ展|近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 開館35周年記念 呉市立美術館のあゆみ展

特別展

開館35周年記念 呉市立美術館のあゆみ展

2018年1月6日(土)⇒2018年2月12日(月・振休)

  第1章:コレクションのあゆみ
  第2章:高校生キュレーターの目 「自然・歴史・人」
  第3章:米国から里帰りした美人画14点が集結!「郷土ゆかりの画家 谷口仙花」
       ※谷口仙花についての当館学芸員調査・研究はこちらから



呉市立美術館は、呉市制80周年を記念して1982(昭和57)年8月に開館し、今年度で開館35周年を迎えました。この展覧会では全体を3章に分け、当館の歩みを振り返ります。
第1章は「コレクションのあゆみ」として、当館所蔵品の特色を表す作家たちの作品を厳選し、ジャンルごとに紹介します。第2章は「高校生キュレーターの目」として、高校生キュレータークラブの会員が、自ら設定したテーマに基づき選んだ作品を展示し、その解説も行います。第3章は「郷土ゆかりの画家・谷口仙花」を紹介します。戦中から戦後にかけて呉市で暮らし、昭和初期の女性風俗を情緒豊かに描いた谷口仙花(1910-2001)について、近年の研究成果をふまえ、新たに発見された作品や資料によりその画業を顕彰します。





会期2018年1月6日(土)〜2018年2月12日(月・振休)
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日火曜日
入館料前売600円
一般800円(600円),高大生500円(400円),小中生300円(200円),敬老割400円
※( )内は一般前売及び20名以上の団体料金,親子料金(小中生と保護者が入館する場合)
 敬老割は呉市在住の70歳以上(要証明書)
 障害者手帳等お持ちの方は無料(要証明書)
前売場所電子チケットぴあ(Pコード:768−403)
ローソンチケット(Lコード:62300)
セブンチケット
ファミリーマート Famiポート
広島市内の主なプレイガイド、中国新聞社読者広報部、中国新聞販売所(取り寄せ)、ゆめタウン呉店、生協ひろしま、呉の主な画材店、呉市文化ホールなど
(12/1より発売)
主催呉市立美術館,呉市,呉市文化振興財団,中国新聞社
後援NHK広島放送局,中国放送,広島テレビ,広島ホームテレビ,テレビ新広島,広島エフエム放送,FMちゅーピー76.6MHz,
助成公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

関連イベント

関連イベントに参加される方は当日の展覧会のチケットが必要です。

◆↓、イ六前申込が必要となります。それぞれイベントの2週間前までに専用申込フォームからお申込下さい。

ヾ慙展示 呉市立美術館メモリアル

美術館開館当時の写真や、これまでの特別展で特に人気の高かった展覧会のポスターを会期中2階ホールに展示します。

講演会「“モダン”と“伝統”を生きた日本画家―谷口富美枝(1910-2001)」

日時/1月14日(日)13:00〜14:00
講師/北原恵(大阪大学文学研究科教授)

C口富美枝(仙花)研究会

日時/1月14日(日)14:30〜16:30

こ愀欅によるギャラリートーク ※申込不要

日時/1月21日(日)、2月4日(日)各回14:00〜(約60分)
※1/21は高校生キュレーターも参加します。

ゥ錙璽ショップ「所蔵作品を参考にした顔型のレリーフづくり」
※比治山大学連携事業

日時/1月28日(日)13:30〜15:30
講師/今田拓志(比治山大学短期大学部准教授、日本工芸会正会員)
定員/小学生以上20名(低学年は保護者同伴)
参加費/1,500円