呉市立美術館
平成31年度 呉市立美術館コレクション展掘屮タチを楽しむ」 1月11日(土)〜4月19日(日) | 近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > コレクション展 > カタチを楽しむ―没後50年 岡部繁夫の作品を中心に―

平成31年度 第3期 コレクション展

カタチを楽しむ―没後50年 岡部繁夫の作品を中心に―

令和2年1月11日(土)〜令和2年4月19日(日)

呉市立美術館コレクション展 「カタチ」を楽しむ-没後50年岡部繁夫の作品を中心に-
                                                                            

岡部繁夫《花束のある静物》 1937年
 呉市出身の岡部繁夫(1912-1969)は戦前から戦後にかけて、具象から抽象へと表現を変遷させ、躍動感あふれる立体的な画面構成により、現代日本の抽象絵画において独特の絵画世界を創出した画家です。本展は、岡部繁夫の作品を中心に、岡部と同時代に活躍した画家たちの作品を交えながら、現代の抽象美術に至る様々な「カタチ」の表現に焦点を当てた展覧会です。いろいろな様式や材質による「カタチ」の表現を「岡部と同時代に活躍した郷土作家たち」「彫刻から立体造形へ」「いろいろなカタチの描きかた」「抽象のカタチ」とテーマに分け、展示会場1階第3、第4展示室と2階ホールでご紹介します。
また期間限定展示(1/11-2/17)として「この世界の片隅に」のマンガ原画を、今回は「冬の記憶(9年1月)」のマンガ原画と、上巻コミックスのカラー表紙などの原画を、3月19日から広島市で開催される「第37回全国都市緑化ひろしまフェア参加コーナー」参加館として、植物などをテーマにした作品を展示いたします。併せてご鑑賞ください。

関連イベント

.ャラリートーク<申込不要>

展示の見どころを学芸員が解説します。
日時:1月12日(日)、2月9日(日)、3月8日(日)各日11:00〜(約30分)

館長講演会(全3回)<申込不要、先着順>

2月 1日(土)13:30〜15:00 抽象絵画論〜飴 印象派からフォービズムまで
2月29日(土)13:30〜15:00 抽象絵画論⊇相 幾何学的抽象と抒情的抽象
4月 4日(土)13:30〜15:00 抽象絵画論I集充腟租抽象

定員:50名 
会場:地下講座室

ワークショップ「布に描けるクレヨンでTシャツを作ろう」<申込不要、当日先着順>

日時:1月11日(土)13:00〜16:00

定員:20名<申し込み不要、当日先着順>
会場:地下講座室
講師:呉工業高等専門学校インキュベーションワークの学生
対象:小学生(1,2年生は要保護者同伴)
参加費:無料(別途入館料が必要です)

ぅ錙璽ショップ「絵皿をデザインしよう」 ※要事前申込

陶芸用の転写シールを使って、和柄の豆皿を2枚作ります。
当日は講師と担当学芸員による陶芸作品のミニ解説もあります。
※焼成後は着払いで郵送いたします。

日時:2月11日(火・祝)
13:00〜14:00
15:00〜16:00
会場:1Fホール

講師:佐々木しず(陶芸家)
対象:小学校高学年以上
定員:各回10名
申込:HP専用フォームからまたはお電話でお申込ください。
※申し込み多数の場合は抽選(締切 2/2)
申込専用フォームはこちら
参加費:1,000円(別途入館料が必要です)

ゥ錙璽ショップ「龍の鉛筆立てを作ろう」 ※要事前申込

縁起物としての「龍」や「鯉」をテーマにした鉛筆立てを作ってみませんか。
焼成後、4月末から5月初旬の期間呉市立美術館で直接引き渡します。期間を過ぎた方やご希望の方は着払いで郵送いたします。

日時:3月8日(日)13:00〜15:00
会場:地下講座室

講師:今田拓志(日本工芸会正会員、新匠工芸会会員、比治山大学短期大学部美術科准教授)
対象:どなたでも(小学1.2年生は要保護者同伴)
定員:15名
申込:HP専用フォームからまたはお電話でお申込ください。
※申し込み多数の場合は抽選(締切 2/23)
申込専用フォームはこちら
参加費:1,000円(別途入館料が必要です)