呉市立美術館
近現代の美術作品を所蔵し特別展も開催|呉市立美術館

開館時間

●10時〜17時
(入館は16時30分まで)

休館日

●毎週火曜日
(火曜が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
●年末・年始(12月29日〜1月3日)
※展示替え等で臨時に休館する場合があります
 
は休館日
 
呉市立美術館公式ツイッター
TOPページ > 特別展 > 大正ロマンの画家 小林かいち&竹久夢二 -謎多き幻の画家 小林かいちを中心に-

特別展

大正ロマンの画家 小林かいち&竹久夢二
-謎多き幻の画家 小林かいちを中心に-

2022年2月21日(月)〜3月21日(月・祝)
※会期変更
※会期中無休(毎週火曜日も開館します)




 
大正時代から昭和初期にかけ、小林かいち(1896-1968)と竹久夢二(1884-1934)は、ともにモダンでメランコリックな作風で、当時の新興美術である「デザイン」「グラフィック」「イラストレーション」といった分野を開拓しました。本展覧会で未だ謎多き幻の画家・小林かいちに焦点をあて、2人の優れたデザイン性と幅広い表現スタイルの作品を展示します。
小林かいち(1896-1968)は明治29年に誕生、本名は嘉一郎といい、京都図案会に所属する図案家として働きます。そして京都・さくら井屋を版元の絵師「小林うたぢ」として《現代的版画抒情絵葉書》シリーズを手掛け、その後は「小林かいち」と作者名を変え、絵封筒や絵葉書など次々と制作し、若い女性から絶大な人気を博しました。戦況の進行とともに、次第にさくら井屋の仕事は減っていき、1944年軍需工場で設計図面を書く仕事に従事し、戦後は着物の図案家に戻り生涯を過ごしました。かいちの仕事の実態は明らかになってはいませんが、その作品は竹久夢二ら抒情画家の影響を受けながらも、アール・デコ風の意匠に、和洋の文化が混ざり合った魅力的なデザインで、近年再評価が高まっています。
一方、大正ロマンを代表する竹久夢二(1884-1934)は、明治17年に岡山県に生まれ、本名は茂次郎といい、1902年に家出をして上京。私淑する洋画家・藤島武二に因み「夢二」と名乗りました。夢二は美術学校に通わず、自分に合った自由な方法で絵を学び、研鑽していき、曲線的で優美なアール・ヌーボー様式に影響を受けた美人画の画風「夢二式美人画」を誕生させ一世を風靡しました。さらに夢二の描く抒情画は、雑誌、新聞などの印刷を通して、大衆文化の隆盛とともに人気が高まりました。
本展では、保科美術館(群馬県)から小林かいちの絵葉書・絵封筒作品を、また竹久夢二の作品は日光竹久夢二美術館などから木版画、日本画、水彩画、装幀などを展示します。どこか懐かしくも新しい大正ロマンの世界をお楽しみください。


※展示会場は1階のみです。
■■拡大鏡をご利用いただけます■■
展示室が暗く、作品が小さいため、作品の鑑賞に拡大鏡をご利用ください。
小林かいちのデザインとともに、高度な版画技術もお楽しみいただけます。
会期2022年2月21日(月)〜3月21日(月・祝)
開館時間10:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
休館日会期中無休
入館料一般700円/シルバー・大学生500円(要証明書)/高校生以下無料
※前売り券の販売、その他割引はありません。
※シルバー料金(70歳以上の方、要証明書)。障害者手帳等をお持ちの方は無料(要証明書)。高大生は学生証をご持参ください。
主催呉市立美術館、呉市、呉市文化振興財団、中国新聞社
後援NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、FMちゅーピ―76.6MHz、FM東広島89.7MHz
協力港屋

★小林かいち★
すべて制作年は大正末期〜昭和初期、材質は木版、紙、所蔵先伊香保保科美術館

現代的版画抒情絵葉書No.5「嘆きのカード」(ハート)
現代的版画抒情絵葉書No.33「影」
現代的版画抒情絵葉書No.38「君待つ宵」
現代的版画抒情絵葉書No.37「二号街の女」
絵封筒
絵封筒

★竹久夢二★

《一座の花形》 大正3年(1914年)、木版・紙・みなと屋版、
セノオ楽譜No.249「白き手に」 大正10年(1921年)、石版・紙
『婦人グラフ』大正15年4月号表紙「エイプリル・フール」 大正15年(1926年)、オフセット・紙

関連イベント

※関連イベントに参加される方は入館当日の展覧会チケットが必要です。

【ワークショップ】はいずれも事前申込が必要です。(1/21より受付)

◆新型コロナウイルス感染拡大防止に係る広島県のまん延防止等重点措置により、
当館は1月9日(日)〜2月20日(日)まで臨時休館いたしました。そのため、一部のイベントの開催を延期しております。
ご来館を予定されておりましたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【講演会】小林かいちと抒情画の系譜
※申込不要、当日先着順

日時:2月11日(金・祝)13:30〜15:00
※3月13日(日)13:30〜15:00に延期いたします。
講師:永山 多貴子(郡山市立美術館学芸員)
定員:30名 申込不要、当日先着順(10時より整理券を配布します。)
(健康チェックシートに氏名、連絡先のご記入にご協力をお願いする場合があります。)
会場:地階講座室

【ワークショップ】デザインをしてみよう(食器編)
終了しました。

陶芸用の転写シールを使って、素焼きのマグカップとお皿をデザインします。
焼成後は着払いの配送でお渡しします。


日時:2月23日(水・祝) 12:50〜13:40 14:00〜14:50 15:10〜16:00 (各50分)
講師:佐々木しず(陶芸家)
対象:小学校高学年以上
定員:各回5名(要事前申込、先着順)
参加費:4,000円(税込)
会場:1Fホール

【ワークショップ】デザインをしてみよう(イラスト編)
終了しました

完成作品
竹久夢二のモチーフの一つでもある呉市の花「椿」を写生し、それをデザイン化してランチバッグに「フラッグカラー」やクレパスを使い描きました。個性豊かなバッグが誕生しました。

日時:2月27日(日) 13:00〜15:30
講師:おりでちせ(イラストレーター)
会場:地階講座室

ミュージアムコンサート〜展覧会とともに、明るいマリンバの音色をお楽しみください〜

※開催中止です

都合によりミュージアムコンサートを中止させていただきます。
参加を楽しみされていた方々には、大変申し訳ありませんがご了承いただきますようお願い申し上げます。

担当学芸員によるギャラリートーク

※申込不要

日時:2/620、3/6 いずれも日曜日 各日11時〜
会場:1階展示室